台湾視察の続きです。桃園地方法院の後は、バスで移動し、桃園のホテル内で一同お昼ご飯を食べて(台湾はごはんもおいしいですね!食いしん坊なのでうれしいです)、台北市松山地政事務所へ行きました。台湾の地政事務所は不動産登記を管轄していて、日本の法務局のようなところです。

こちらでも暖かく歓待していただき、地政事務所が私たちの訪問の動画まで作ってくださいました。私たちの訪問のために、たくさん準備してくださったことが伝わってきます。お仕事で忙しいでしょうに、お時間を割いていただき感謝です。

https://youtu.be/7quU7rUGLDA?si=dZ6GFdzKkCNEQ0Kf

こちらもスタッフに日本語が話せる方がいらっしゃいました。

 

 

台北101の近くです。

かわいらしい色合いの歓迎です

你好,你好!よろしくお願いします~

台湾では、相続登記をしないと、一定の手続きと期間を経て競売され、受取人が現れなければ不動産が国有となるそうです。

不動産取引価格の申告を地政事務所(法務局のような不動産を管理する政府組織)へするそうです。

昔の登記簿です。日本統治時代のもので、日本の古い登記簿とそっくりですね。

事務所内も見せていただきました。

不動産登記申請情報が表示されています。IT化は日本よりだいぶ進んでいると思いました。申請もほとんどがオンラインだそうで、法務局にくる人は少ないようです。

ありがとうございました!